おなかの赤ちゃんに、鼻歌を

にゃー吉は下手の横好き! > 医学 > おなかの赤ちゃんに、鼻歌を

おなかの赤ちゃんに、鼻歌を

2015年1月 8日(木曜日) テーマ:医学

おなかの赤ちゃんに、鼻歌をということで、妊娠や妊活についての話題を紹介します。
妊娠されますと、出産までの10ヶ月の大切な時期となります。
だんだんとお腹も大きくなり、動きづらくなりますが、出産すればまた身軽くなりますから頑張って毎日を過ごしましょう。
ご自分だけではなく、赤ちゃんも頑張っているという事をわかってあげてくださいね。
おかあさんが幸せに楽しく暮らす事が、1番大切なのです。
それはおなかの赤ちゃんの感受性は、ママのホルモンで芽生えると研究結果でも、でているのです。
例えばママが楽しい気分の時は、赤ちゃんは活発に動き、落ち込んでいるような時はの動きなど鈍いのです。
この結果からも赤ちゃんへの影響は大事なものです。
胎教は5ヶ月~7ヶ月頃が良いようです。
それは赤ちゃんの機能が発達して、音や声が聞こえる時期なのです。
パパからも話しかけてもらう様にしたいものです。
パパはご自分が生まないから自覚が芽生えないのですから、赤ちゃんへの呼びかけなどは大切な事と思います。
赤ちゃんはママの血流の音、また心音、ママの声など位しかわかっていないのです。
またどういう音などがよいのかは、クラシック、オルゴール、夏川りみさんのゆったりと過ごせる曲なども良いようです。
ママが音楽を聴きながら、ゆったりとしたリズムで鼻歌を歌う事は、おなかのあかちゃんに聞こえるのです。
無理のない良い環境で、あかちゃんをおなかの中で育てる時期を感じてくださいね。

妊娠しやすいサプリなら



関連記事

腋臭と告げられた同僚の女性

腋臭と告げられた同僚の女性

2015年1月11日(日曜日)

おなかの赤ちゃんに、鼻歌を

おなかの赤ちゃんに、鼻歌を

2015年1月 8日(木曜日)

鍼灸の鍼

鍼灸の鍼

2015年1月 5日(月曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)